【平成レトロ】2000年代デジカメの選び方とおすすめ

  • URLをコピーしました!

令和に入ってからジワジワ人気が出てきている、「平成レトロ」な2000年代に販売された「Y2Kデジカメ」を楽しむための、選び方とおすすめ機種について解説します。注意点についても紹介するので、2000年代を楽しむデジカメを探している方は参考にしてください。

目次

【平成レトロ】2000年代デジカメ ~おすすめの選び方~

平成レトロなデジカメの選び方

平成には様々なデジカメが登場しました。その中でも、令和の今、平成レトロとして楽しむことができる2000年代デジカメの「選び方」について解説します。

SDカード対応

SDカード対応デジカメ

2000年代デジカメは機種によって様々な記録メディアに写真を記録します。令和となった今ではSDカードが主流ですが、2000年代デジカメはSDカード以外にも、xDピクチャカードやスマートメディア等に記録するデジカメが販売されていました。

しかし、令和となった現在ではSDカード以外に写真を記録する2000年代デジカメを入手しても、記録メディアが入手しずらかったり、入手できてもPCやスマホと接続するためのリーダーが入手困難だったりします。そのため、2000年代デジカメを探す際には「SDカード」対応を一つの選び方の基準としましょう。

富士フィルム・オリンパスに注意

xDピクチャカード採用デジカメ

富士フィルム・オリンパスが2000年代前半に販売していたデジカメには、「xDピクチャカード」と呼ばれる記録メディア採用機種が多いので注意が必要です。この時代の富士フィルム・オリンパスは写りや画質についてはかなり魅力的ですが、「xDピクチャカード」は今となっては高騰しており、おすすめできません。

比較的新しい機種についてはSDカードモデルになっていたり、xDピクチャカード・SDカード両対応になっていることもあります。

ソニーに注意

ソニーが2000年代前半に販売していたデジカメには、「メモリースティック」採用機種が多いので注意が必要です。「xDピクチャカード」よりは入手しやすいものの、今後使用する場面はほぼ無いと言えるメディアですので、あまりおすすめできません。

ソニーについても、比較的新しい機種についてはSDカードモデルになっていたり、メモリースティック・SDカード両対応になっている場合があります。

動画撮影対応

2000年代デジカメを選ぶ際には、動画撮影に対応した機種を選ぶと楽しみ方の幅が広がるのでおすすめです。2000年代デジカメといえど、写真についてはそれなりに今でも見れるような画質で撮影できるものがほとんどです。

しかし、2000年代デジカメの動画撮影機能で撮影した動画については、令和では撮ろうと思っても撮れないような低画質で撮影される場合が多くあります。より「平成レトロ」を感じたい方は動画撮影も可能な2000年代デジカメを探してみましょう。

CCD機

少し専門的な話になりますが、デジカメに使用されているイメージセンサーには「CMOS」と「CCD」があります。令和の主流は「CMOS」ですが、2000年代デジカメを探す際にはぜひ「CCD」採用機種を探してみてください。全体的や色味や写りに差がでます。

【平成レトロ】2000年代デジカメ ~おすすめ機種~

おすすめの機種

平成レトロを感じることができる2000年代デジカメには様々な機種がありますが、その中でも筆者が特におすすめできる機種について紹介します。

パナソニック「DMC-FX」シリーズ初期

FXシリーズ

令和の今、平成レトロを感じたい方におすすめのデジカメはパナソニックが販売していたデジカメ「DMC-FX」シリーズ初期の機種です。

「DMC-FX」シリーズは、写真・動画撮影どちらも行えるモデルで、販売されていた当時は爆発的にヒットしていました。また、デザイン性にも優れており、丸みがありオシャレな見た目なのが特徴です。

「DMC-FX30」くらいまで

DMC-FX30

「DMC-FX」シリーズの型番は、「DMC-FX◯」と1桁のモデルと「DMC-FX◯◯」の2桁もモデル、「DMC-FX◯◯◯」という3桁のモデルがあり、基本的にこの数字が大きいほど新しい機種となります。(1桁モデルは平成15年~平成17年、2桁モデルは平成18年~平成24年、3桁モデルは平成19年~平成22年ごろのモデルです。)

平成レトロな2000年代デジカメを楽しむという目的では、「DMC-FX30」くらいまでの機種を選ぶのがおすすめです。平成22年位以降のモデルになると、画質はきれいですが、画質が良すぎるので平成レトロ感は少なくなります。余談ですが、「DMC-FX30」は「お嬢様カメラ」というキャッチコピーで販売されていました。

「DMC-FX30」の作例

平成レトロだけど、古すぎないおすすめ2000年代デジカメである「DMC-FX30」で写真・動画を撮影して1本の動画にしてみました。写真については、画質はまだそれなりに通用しますが、動画の画質は昔のテープ式のビデオカメラを感じさせます。

【平成レトロ】2000年代デジカメ ~ポイント~

デジカメ選びのポイント

最後に、2000年代デジカメで平成レトロを楽しむためのポイントを解説します。

SDカードの選び方

SDカードの選び方

「選び方」として、2000年代デジカメを選ぶ際にはSDカード採用モデルを選ぶように解説しましたが、2000年代デジカメでは新しい容量が大きすぎるSDカードは使用できない可能性があります

種類

SDカードの種類

SDカードには、「SDカード」「SDHCカード」「SDXCカード」という種類があり、それぞれ「~2GBまで」「4GB~32GB」「64GB~」といったように容量が決まっています。上位の規格に対応していれば、下位の規格のSDカードも使用できますが、逆はできません

SDカード対応デジカメとSDHCカード対応デジカメ

2000年代デジカメの場合、「SDカード」のみ対応している機種「SDHCカード」まで対応している機種が混在しています。ほとんどの機種で、SDカードスロットの蓋などにロゴが書いてあるので、SDカードを購入する前に確認しましょう。

安心は2GBまで

トランセンドジャパン
¥1,180 (2024/04/07 20:28時点 | Amazon調べ)

不安な方は、ひとまず2GBまでのSDカードで2000年代デジカメを使用するのがおすすめです。

SDHC対応機種は「4GB」まで

東芝(TOSHIBA)
¥1,398 (2024/04/07 20:28時点 | Amazon調べ)

SDHC対応機種でも、8GB以上のSDHCカードは使用できない場合があります。そのため、2000年代デジカメで使用する場合には「4GB」までのSDHCカードを使用するのがおすすめです。

スマホ転送

2000年代デジカメで撮影した写真や動画をスマホに転送したい場合は、上記のようなSDカードリーダーを使用するのがおすすめです。上記は、Lightning端子iPhone用のカードリーダーです。

TypeC端子iPhoneやAndroidの方は、TypeC用のSDカードリーダーを使用できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次